sugoROCKではそのままここに留まってね!。

Mie 伊勢角屋麦酒

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 三重 mie 伊勢角屋麦酒

伊勢角屋麦酒のラベルは、中世の騎士を思い起こさせるようなラベルよ。もともと角屋さんは「茶屋」から始まっているの。その歴史は昨日今日のものではなく、前後九時台だった430年前にさかのぼるのよ。1575年の天正三年に、伊勢参りをする人が使う舟参宮の舟着き場の茶屋を営んだことがスタートですって。当時は角屋のほかに湊屋さんもあって、だからこの土地は二軒茶屋と呼ばれるようになったのよ。そこから茶屋で出していたお餅だから「二軒茶屋餅」ってことになって、その味は今に伝わっているの。 大正時代になって味噌たまり醸造業に着手するの。変わらず木樽で仕込んでいるわ。

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 三重 mie 二軒茶屋餅 伊勢角屋麦酒造り酒屋さんからビールに着手っていうのも、スタンダードの中に新しさがあるっている良い製品づくりをしているわ。さらにお醤油なんかの醸造業さんも、ビールのことをよくご存じよねぇ。酵母って生き物で、扱いが難しいからね。「酵母をよく知っている」っていうのは、とても大きなことなのよ。

伊勢角屋さんはの見学もできるの。かどや民具館、角屋味噌溜まり蔵、伊勢角屋ビール麦酒蔵、二軒茶屋餅本店のうち、前出の2つは「まちかど博物館」になっているの。一人からでも案内してもらえるみたいだから、「大人の工場見学」のつもりで行ってみては?HPに詳しく書かれているわ。

http://www.biyagura.jp/

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 三重 mie 中尾ミエ 伊勢角屋麦酒The International Beercup三年連続最多受賞ブルワリーに輝いているのよ。 北米系ホップ4種類の複雑でさわやかなホップのアロマが楽しめるLushHopは、私の中でおすすめだけど、ぜひ挑戦したのが、冬限定の浦村牡蠣スタウト。もともと牡蠣とスタウトの組み合わせは、イギリスで「ベスト!」と評されたのね。一緒にいただくとおいしいよってことは、うん、牡蠣のフレーバーをスタウトに加えるってのは、まず「いける!」ってとこよねぇ。それと一緒に浦村生牡蠣をいただけば、「ああ至福」は当たり前のような気がするわ。

そういえば、相当前になるけど、中尾ミエさんがなさってた観光ポスター、大好きだったなぁ。海女さんのもよかったけど、関取になってらしたのが特に…。chao!


CLOSE