sugoROCKでは一回休みよ。

Nagano よなよなビール 

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 長野 nagano よなよなビール

よなよなビールは一言で言って「若々しい!」って感じ。活性しているのがヒシッと感じる会社なのよ。会社の名前もイカしてて、ヤッホーブルーイング。チャレンジャーでもあるしね。おいしいビールを作りたいっていう基本がしっかりしている上でのチャレンジだから、カッコいいものが出来上がるの。

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 長野 nagano よなよなビール本も発売されてるのよ。「ぷしゅ よなよなエールがお世話になります 井手 直行 著」。 ああ、勢いがある会社なんだなってわかるわ。でもね、いつヤバくなってもおかしくないってなところだったんだって。そこから今の11年間増収増益に至るまでの経緯や顛末が躍動感あふれる感じで書かれている本よ。 動画も配信されててね、「あれ?世界を視野に入れているのかな?」って感じのneo-japanesqueな仕上がりなのよ。 そう思ってふと見ると、SORRY UMAMI IPAのコンテンツ。アメリカでぶっ放した花火らしいわ。鰹節っていう和の象徴みたいな材料とマッチングさせているビールですって。これはぜひ飲んでみたいところ。まだなんだ。でもみんなにはまず「よなよなビール」を飲んでもらいたいなぁ。軽やかな味わいの中に芯があるビールよ。そうね…ごちそうビールではない親しみやすさがあるわ。

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 長野 nagano ビールの「質実剛健」も魅力だけど、格式に囚われない遊び心も魅力だからね。自由な発想から生まれるものは、面白いわ。これからも注目し続けたいブルワリーの一つね。ラベルも魅力的よ。女の子も気に入ってくれそう。雰囲気としてはそうね…本の雑誌…沢野ひとしさんをちょっと思い出したわね。決して似ているってのでもないんだけど、なんだろね。ネーミングのせいかな。本の雑誌のブックスタンドを見ているような感じよ。 こういったコンテンツも充実のHPは見どころ満載。うまくネットを使っているなってところがまた好印象よ。

http://yonasato.com/ec/

そうそう、ヤッホーブルーイングのある「佐久市」は「裂けるチーズ」の「サク」じゃなくって、「サクッと香ばしい」の「サク」のアクセントなのよ。


CLOSE