sugoROCKでは、そのまま問題なく留まってね。

Niigata  スワンレイクビール

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 新潟 niigata スワンレイクビール

ねぇねぇ、大河の天地人は見た?リアルタイムには見てなかったんだけど、あれでそれまでの疑問が一気に溶けた感じだったわ。ほかの北の国がどうのこうのっていうんじゃなくって、「なんか新潟はいっちょ違う」って印象だったの。面白いわね。戦国時代のお殿様やなんかの影響は、今でも県民性に及ぶものなのね。ものすごく心の豊しいってところを感じるのよ。地方自治、その頃は国だったんだろうけど、独立心が強くて、「富」を作り出すという意識が強い気がしたの。人には寛容でね。

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 新潟 niigata 上杉謙信 スワンレイクビールスワンレイクビールは、そんな新潟ならではのビールって、私は思うわね。 ビールの世界には、「五輪」に相当するって言われるワールド・ビア・カップって大会があるの。2000年ニューヨーク、そして2006年シアトルでのこの大会で、スワンレイクビールは日本メーカー初の金賞「世界一」って快挙を成し遂げたの。それだけじゃなくて、国際審査会も含んだビアコンテストで、今までに金・銀・銅合わせて113個のメダルを勝ち取ってるのよ。すごくない?日本のビールの歴史は、世界と比べた時に、まだまだ朝になったばかりよ!すごいわねぇ。HPを見ると、その精進の歴史をうかがい知ることができるわ。

http://www.swanlake.co.jp/main/

地ビールはね、解禁されてから一気に増えて、ほんの5年弱で国内ビールシェアの0.5%を占めるほどになったの。それはそれでとっても嬉しいことだったんだけど、実際にはおいしさの追求が足りない銘柄も多くって、人からは「高くてまずい」って印象を持たれることも少なくなかったわ。そういったものは、ワッと増えてもワッと淘汰されるわよね。それが常よ。案の定、どんどんどんどん閉店や閉業、撤退が相次いだの。そうならないまでも、設備の拡充には消極姿勢ってのも見られたわね。

地ビール クラフトビール craftbeer-family ホッペン hopen 新潟 米どころそんな中を生き残り、健全な経営を続けているブルワリーは、大きくても小さくても、良いものを提供し、あくなき追及を怠らない姿勢がみられるものね。このスワンレイクビールもその一つってこと!なんとも豊かさが心に広がるようなビールよ。

そうそう、新潟で思い出したわ。私が新潟に行ったときね。みんなでビールをごちそうになって、いい気分になったところで、「〆に握り飯」が出てきたわ。驚いたわぁ…。おいしかったけどね。「ところ変われば違うものねぇ」と感心したの。張り切って食べてたのは、ホップン…あの子だけよ。小さいくせにバケツのような胃袋なのかも。


CLOSE