sugoROCKはこれでおしまい!おめでとう!!

Taiwan 台湾啤酒 

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 台湾 taiwan 台湾啤酒 

台湾って、今、空前の地ビールブームなんですって。 飲み比べなんかも、流行ってるみたいね。銘柄も増えてきたわ。 とはいえ、会社自体は台湾ビールの一人勝ちなんだけどね。専売品だから。 大統領就任に合わせて、記念ラベルなんかも発売する、国民的ビールだわ。

台湾もやっぱりビールの陰に占領の歴史なんかがあってちょっと悲しい。1919年に日本の実業家の安部幸之助さんが発起人で「高砂麦酒株式会社」が作られたの。1920年になると台湾は日本の領有下なるから、そこに高砂ビールは進出するのね。これが台湾初のビール醸造事業よ。1933年には台湾総督府専売局(当時)の専売品になったわ。「台湾啤酒」と改名したのが1945年。終戦の年ね。

HPが案外かわいいの。

https://www.twbeer.com.tw/

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 台湾 taiwan 台湾啤酒 そこにね、結構挑戦的なフレーバーのビールが発売されているんだなって、面白い発見をするわよ! 若年層をターゲットにしたチューハイ的なフレーバーが推しみたい。 18歳以上なのか否かをクリックしなきゃいけないから、台湾では18歳以上だったらアルコールOKなのね。 テレビCMなんかも、このサイトで見られるわ。 もうすでに何に関しても世界にひけを取らない発展を遂げている台湾だけど、広告的なアーティステックといった面で若干発展途上のところはあるのかなって感じはするの。それでも「やりたいことはわかる!」ってとこなのよ。だからきっと急激に発展してくんでしょうね。



すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 台湾 taiwan 台湾啤酒 レッドクリフ多くの銘柄のビールの中で、やっぱりもっともポピュラーなのが、「金牌」かな。 酸味があって苦みがそれなりに強いのは、台湾ビール全体の特徴かもしれないけど、現地でいただくとやっぱりおいしいわ。だから地ビールって面白いのよね。土地にあってるの。ほら、ちょっと話は遠くなるけど、いくらおいしいお米でも、もっともおいしくいただくためには、現地の水を使って炊くことっていわれるじゃない?ビールも水が大事だから、それによって大きく左右されると思うのよね。同じ土地の水で育った食材とともにその土地でいただくってのが、一番おいしいのは当然だわさ。 後味もあまり残らない、それがかえっていい感じなの。

現地に行ったらぜひぜひ飲んでもらいたいのが、「台湾ビール生18Days」。 賞味期限が18日だから、超特急だね。それだけ鮮度にこだわりを持つべき原料を厳選してるってことだし、「伝えたい味がある」ってことよね。


CLOSE