sugoROCKでは3マス進んでね!

Tottori 大山Gビール 

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 鳥取 tottori 大山Gビール

くめざくら大山ブルワリーが作っている大山Gビール。「ええ?ダジャレ?」って、ちょっと笑っちゃったわ。定番はピルスナー、ペールエール、ヴァイツェン、スタウト。ピルスナーは特に受賞歴が華やかで、インターナショナル・ビアカップ2016でジャーマンスタイルの未濾過ラガー部門で金賞受賞したのよ。私も定番の中ではこれが一番好き。おすすめよ。

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 鳥取 tottori 伯耆富士それに加えて限定ビールが出るの。今私が注目しているのは「大山ブロンド」よ。地元農家の方とのコラボで生まれた大山小麦を副原料にしているんだって。フルーティで程よい甘さがうっとりさせてくれるらしいの。まだ飲んでいないんだ。地ビールって「ドイツのマイスターが!」っていうのも確かに魅力よね。本場の味が楽しめるってところで…。でもね、「ここならでは」のポイントがあるビールも、大きな魅力じゃない?地ビールの醍醐味だと思う。

すごろく 双六 sugorock 地ビール クラフトビール craftbeer 鳥取 tottori 大山Gビール醸造責任者岩田秀樹さんは、日本地ビール協会の認定資格「マスターブルーイング・イバリュエイター」を持ってらっしゃるの。ビアテイスターの上位資格でMr.TANIが持っている「ビアジャッジ」の下位資格になるの。それでも全国には40人しかいないし、山陰では岩田さんだけですってよ!それにね、下位資格といっても「ジャッジ」と「作り手」はおのずと違うじゃない?だから資格の云々で判断はできないってMrTANIからは聞いているわ。たしかにMrTANIは、ビール作れないよぉ。とにかく醸造責任者の岩田さんはたいしたもんだよってことよね! 原料へのこだわりや会社の歴史なんかもHPにあるから見てみて!

http://g-beer.jp/gbeer/

大山って伯耆富士ともいわれてるじゃん?「ほうき」がなかなか読めないのよね。「謎だわ」ってことで、いま大山のあたりは「謎の伯耆」でブランディングを進めているわ。全部をクリーンエネルギーで賄ってる町があったりして、ちょっといい感じのところなのよね。日本海から吹く風で風力発電機を回して電気を作ってんの。


CLOSE